住宅ローン減税

住宅ローン減税

住宅ローン減税制度とは・・・

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます(住宅の取得対価の計算においてはすまい給付金の額は控除されます)。また、所得税からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。 この住宅ローン減税制度は、平成26年4月からの消費税率の引上げにあわせて、大幅に拡充されています。
住宅ローン減税に関するご相談もお気軽にお問い合わせください。

中古住宅リフォームにも・・・

住宅ローン減税は、新築住宅だけでなく中古住宅も対象となります。また、増築や一定規模以上の修繕・模様替え、省エネ・バリアフリー改修なども100万円以上の工事費の場合は、住宅ローン減税の対象となります。ただし、省エネやバリアフリーの場合は、別のリフォーム減税(特定増改築等住宅借入金等特別控除)の方が有利な場合がありますので、なにが有利なのかなどお気軽にご相談ください。
住宅ローン減税

県産材や耐震強度を上げる構造でも助成金があります

新しい耐震構造のKS工法を取り入れています。KS工法は今までの耐震工法とは違い金具に特徴があり、木造の家でありながら特殊な金具で継ぎ目を強化することで、木造の住み心地はそのままに地震に強い家を作ることができます。またこの工法を利用することで国からの助成金の対象となるほか、経年による家の価値が下がらないという家の常識を覆す画期的なシステムとなっています。また県内材や地元の材を使用することでも優遇される制度などもあり、長期優良住宅による助成など数多くのメリットがあります。どのような助成制度があるのか?どうすればそれを受けることができるのか?など助成金、減税についてのご相談もお気軽にお問い合わせください。

住宅ローン減税