地元工務店の強み

工務店で家を建てるメリット

地元だからこその安心
営業力で仕事をしているわけではなく、地元での口コミや紹介がメインのため、施工はもちろん引渡し後のメンテナンス、人と人とのつながりを大事にして います。
気持ちが伝わる
設計者と施工者が密接に係わり合いますので、お施主様の真意が伝わりやすい上、意思のすれ違いが少なく比較的早く現場に反映されます。
デザイン性
工務店というと昔ながらの家づくりをコツコツ・・・というイメージがあるかも知れませんが、最近ではハウスメーカーや設計事務所並に提案力を発揮する工務店が増えています。
無駄に人件費をかけない
設計~積算~施工まで担当者が全て把握しながら業務を進めるので、人件費のロスが少ない。
間接経費は抑えています
実際に建物にかかる費用以外のものを間接経費といいます。総合住宅展示場への出店やTVCMなどの宣伝ではなく、地域の折込チラシ程度の営業なので営業経費が少なく、その分価格が安い。
本当の意味での注文住宅
施工上の制約が少ない、家を作品化しない等、住む人の都合優先で一品生産の家を作ってもらう事が出来、自分なりのこだわりを強くもっている人に向いています。
建築のプロ
実際に現場に立つ施工者でもあるので、建築のプロとしての意見を聞くことができる。また、建築材料を良く知っている。
希望に沿った施工計画
一度に沢山の現場をかかえていないので会社の都合ではなく、お施主様側のスケジュールに合わせた施工計画を立ててくれる。

間接費用と坪単価及びオプションを考える

首都圏を例に住宅施工棟数のシェア率をみると、大手ハウスメーカーなどが含まれる年間施工棟数1,000棟以上の会社のシェアは34%です。

年間施工棟数が1,000棟未満の会社のシェアは66%もあります。また、100棟未満の会社だけをみてもそのシェアは42%と、半分近い比率を占めている事がわかります。尚、関西圏では100棟未満の会社が65%となっており、首都圏よりも中小企業の比率が高くなっています。

【年間施工棟数別にみた市場シェア率(首都圏)】

年間施工棟数別にみた市場シェア率(首都圏)

戸建市場の大半は中小企業が支えています

見積書には具体的に表示されない間接経費。しかし、これらのものが無償であるわけではなく、お客様が知らず知らずのうちに間接的に負担しているのです。

間接経費の例
社屋 事務所ビル、常設展示場、駐車場など
従業員 各種役員、事務員、検査員、営業マン、設計士、現場監督など
レガシーコスト 厚生年金、健康保険、退職金など
宣伝広告 テレビ、ラジオ、雑誌、新聞、折込チラシ、看板など
その他 ISOなどの組織参加費用、参加維持費用など

【建築総額が同じ場合でもA社とB社の金額の内訳を比較】

A社坪単価50万円の例

小規模なので会社を維持するための経費が少なく、材料費を多くできます。

B社坪単価45万円の例

オプションを増やすことにより、坪単価を安く見せています。会社の規模がA社より大きいため、間接経費が多くなり、材料費を抑えています。